家族にも移してしまう水虫は健康保険対象内の皮膚病

水虫になった事があるという方、また周囲になった事があるという人がいるという方も、多いのではないでしょうか。
日本人の5人に1人は皮膚科で治療した経験や、市販薬で対処した事があるというデータがある程、水虫は日本人にとってポピュラーな皮膚病です。
カビの1種、白癬菌が皮膚に感染する事で起こります。
痒みや皮膚のめくれにジュクジュク感、水疱などが出来る症状を起こします。
辛い症状を起こす水虫ですが、中にはそのまま放置してしまう方もいるようです。
「たかが水虫くらい」と高をくくり、皮膚科を受診しない方もいますが、白癬菌は自分だけでなく周りに移してしまう恐れがあるので、注意しましょう。
例えば水虫患者が歩いた所には、皮膚のかけらが剥がれ落ちています。
この皮膚の破片には白癬菌がいるので、水虫で無い方がこの破片を踏んでしまうと白癬菌に感染するリスクが高まるのです。
特にバスマットやカーペット、スリッパなどを共有している家庭に、水虫患者がいる場合は家族に白癬菌を移してしまう可能性は大と言えます。
家族に白癬菌を移さない為にも、症状を感じたらすぐに皮膚科を受診しましょう。
顕微鏡検査などで白癬菌が、皮膚に感染している事が確認されたら、抗真菌薬で治療を行います。
皮膚に症状が出ている場合は、外用薬の抗真菌薬で治療するケースが一般的です。
かかとや爪に白癬菌が感染している場合は、外用薬では効果が薄いので、より強力な内服薬で治療するケースが多いようです。
治療は健康保険内の対象ですので、さほど金銭的な負担はかかりません。
最初は初診料や薬の代金などを合わせ、2000円から3000円程の費用がかかります。
その後は2000円以内の治療費となるケースがほとんどです。