新型水虫の治療はアレルギー科か皮膚科へ

水虫、このキーワードを聞けば多くの方が足の裏や指等に発生するカビの一種というイメージを思い浮かべますが、新型の水虫は足にカビが生えるのではなく、主に上半身や頭皮に発疹の現象がみられるのです。
水虫は白癬菌というカビが皮膚の表面にある角質層やたんぱく質であるケラチンを栄養にして繁殖するカビの一種で足や手に感染しやすく、もっともポピュラーな皮膚に寄生するカビです。
なので靴を長時間履いているサラリーマンのお父さん方や受付の仕事で長時間立っていたり歩いたりしている職業の方が発症しやすいのです。
しかしトリコフィトントンズランスと呼ばれている新型の水虫はスポーツ選手等に感染しやすく、上半身によく汗をかいたり皮膚が剥けてしまったりといったカビが繁殖しやすい環境であるため感染したと考えられています。
日本での発症は過去あまり例がみられておらず、2000年前後に柔道やレスリングの国際試合に出場した日本人選手にも発症がみられたため、輸入されて感染した新型の水虫と言われています。
この症状で一番危険なのはあまり医師の間でも知られていない症状な上に症状も軽いので、医師がアレルギーによる湿疹などと誤診してしまい炎症を抑えるステロイドを処方してしまい、症状を悪化させてしまうケースが後を絶ちません。
なので予め格闘技等の人の肌が触れ合う競技をしているかどうかを医師に伝えて正しく治療してもらいましょう。
もし発症してしまった場合は医師の判断を仰ぎ、抗菌剤が入ったシャンプーやボディソープを使い丁寧に体を洗った上で必要ならば内服薬を使って治療していきましょう。
注意事項としてはこの水虫はただの湿疹と症状が似ているため、放置してしまい症状を悪化させてしまう事もあるのでもし不自然な湿疹があるのならば皮膚科やアレルギー科の医師に必ず相談してください。