水虫とコメントと発赤について

温度が高くなり湿気が多くなると、水虫の様々な症状で悩む人が増えます。
水虫に関する情報を紹介するサイトでは、水虫に悩む人からの様々なコメントを読むことができます。
水虫は、白癬菌が感染して発症します。
白癬菌は、人間の皮膚にあるケラチンを好み、足に感染することが多いです。
なぜ足に感染することが多いかというと、靴を履いていると靴の中が高温多湿になり、白癬菌が大好きな環境になるからです。
白癬菌は、アルカリ性の環境も好みます。
皮膚に皮脂や汗が残っていると、アルカリ性になるため、白癬菌が増殖しやすくなります。
ですから、会社から疲れて帰ってきてすぐ寝たい場合でも、皮膚を清潔にしてから寝ることが大切です。
白癬菌は、乾燥しているところが嫌いなので、汗をかいたらタオルやローションを含ませたコットンでふき取って、よく乾燥させておくことが大事です。
水虫の初期症状で多いのが、かゆみです。
かゆみを放っておくと、水ぶくれができたり、皮がむけたり、発赤などの症状が出てきます。
水虫は、初期症状が出ている時に治してしまうことが大事です。
症状が進んでしまうと、白癬菌が広範囲に散らばってしまい、治療が長期化するケースも多いです。
水虫に気が付いたら、すぐに皮膚科などで専門医に診てもらい、適切な治療を受けることで回復も早くなります。
家族の中に白癬菌の感染者がいて、しかも治療を行っていない場合、再感染する可能性があります。
白癬菌に感染している人は、全員治療を受けた方が安心です。
温泉や銭湯で水虫に感染する人も多いです。
温泉や銭湯に行く場合は、タオルを多めに持っていって、浴室から出るときにバスマットを使わずにタオル使う人も多いです。