白癬菌感染は顕微鏡検査で分かる!~水虫の種類~

水虫は白癬菌というカビが、皮膚に感染する事で起こる、皮膚感染症の1つです。
白癬菌は皮膚の角質層にまで入り込み、そこで増殖を繰り返します。
辛い症状が現れるだけでなく、水虫は他人にも移してしまう恐れがあるので、不安に思う方も多いでしょう。
水虫と一言でいっても症状の違う、3つの種類があります。
水虫といえば多くの方は皮膚がジュクジュクとただれるという、イメージを持っているのではないでしょうか。
このような症状を起こすのが「趾間型」です。
趾間型は指と指の間に起こりやすいタイプで、皮膚がジュクジュクとただれ、剥けていくのが特徴です。
また強い痒みを伴う点も趾間型の特徴となっています。
趾間型の他には「小水疱型」というタイプの水虫もあります。
小水疱型は名前の通り、小さく赤みを帯びた水泡が出来るタイプです。
足の側面や土踏まず部分に出来やすい点が特徴です。
趾間型同様、小水疱型も強い痒みが起こり、搔き毟ってしまい傷がついてしまうケースも少なくありません。
その傷口から雑菌が入り込むと、2次感染を引き起こす恐れがあります。
趾間型・小水疱型も痒みが出るという特徴がありますが、最後の1つ「角質増殖型」は痒みが一切出ない事が多い水虫です。
かかと部分に白癬菌が感染すると、角質増殖型を発症します。
角質増殖型はかかとの角質が厚くなるだけで、ほとんど痒みを感じません。
ですので、自分が水虫になっていると気づかず、そのまま放置してしまいがちです。
もし、このような症状が現れたら水虫を疑い、皮膚科を受診しましょう。
白癬菌に感染しているかどうかは、顕微鏡検査で簡単に分かります。
症状が出ている部分の皮膚を削り取り、顕微鏡で調べるのです。
白癬菌がいた場合は、すぐに抗真菌薬での治療を受ける事になります。